1. ■HOME
  2. レシピ
  3. カレイの煮つけ

京大病院の嚥下調整食より
カレイの煮つけ

白身魚は脂肪分が少なくパサパサしたイメージがありますが、カレイは適度に脂肪分が含まれており、口当たりも滑らかで食べやすいお魚です。 薄味にすれば離乳食にも使えますよ!

・メイン食材
:カレイ
・調理時間
:30分
☆ポイント☆

煮汁を回しかけながら煮て、表面のたんぱく質を固めて、うまみを逃さないようにしましょう! 落とし蓋は煮汁を対流させるために使います。

作り方
1.
チンゲン菜は柔らかく茹で、細かく刻んでおく。
2.
にんじんは小さな乱切りにし、下茹でをしておく。
3.
調味料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したらカレイを入れ、落し蓋をして煮る。
4.
カレイが煮えたら、1のチンゲン菜と2のにんじんを加えて、さらに煮る。
5.
煮汁がある程度、煮詰まったら皿に盛り付ける。
材料(2人分)
・カレイ(皮なし)
2切れ
・チンゲン菜
80g
・にんじん
20g
・しょうゆ
大さじ2/3
・酒
大さじ2/3
・砂糖
小さじ1
・みりん
小さじ1
・水
60ml

栄養価(1人分)

エネルギー
127kcal
たんぱく質
14.9g
脂質
4.6g
炭水化物
5.0g
食物繊維
0.8g
カリウム
354mg
食塩
1.0g

【無断複写・無断転用を禁ず】京都大学附属病院 疾患栄養治療部