1. ■HOME
  2. レシピ
  3. 炒り豆腐

京大病院の嚥下調整食より
炒り豆腐

冷蔵庫にある食材で手軽にできる炒り豆腐は、材料を変えることで様々な味わいを楽しむことができます。今回は水煮大豆を加え、大豆同士のコンビネーションを楽しめる一品としました。

・メイン食材
:もめん豆腐、大豆
・調理時間
:20分
☆ポイント☆

食物が喉にひっかかりやすい方は、煮汁を少し残してとろみをつけると、食べやすくなります。

作り方
1.
豆腐はキッチンペーパーで包み、電子レンジ(500W)で3分程度加熱して水切りをしておく。
2.
にんじんは千切りにして下茹でをしておく。
3.
いんげんはすじを取ってからやわらかく茹で、0.5mm程度の長さに切っておく。
4.
1の豆腐を鍋に入れ、くずしながらサラダ油で炒め、ある程度水分が飛んだら、2のにんじんと水煮大豆を入れてさらに炒める。
5.
4にだし、調味料を加え、水気が飛ぶまで炒める。(ごま油は火を止める直前に加えると、より風味が残ります。)
6.
器に盛り、3のいんげんを散らす。
材料(2人分)
・もめん豆腐
140g
・にんじん
30g
・水煮大豆
20g
・いんげん
10g
・サラダ油
小さじ1/4
・だし
適量
 ≪調味料≫
 ・こい口しょうゆ
小さじ1と1/2
 ・うす口しょうゆ
小さじ1/3
 ・砂糖
小さじ1
 ・ごま油
小さじ1/4

栄養価(1人分)

エネルギー
92kcal
たんぱく質
6.2g
脂質
4.6g
炭水化物
7.1g
食物繊維
1.1g
カリウム
196mg
食塩
0.8g

【無断複写・無断転用を禁ず】京都大学附属病院 疾患栄養治療部